花粉症対策は体質改善が先決ですよ!!のTOPに戻る
「花粉症対策は体質改善が先決ですよ!!」トップ > 花粉症の症状・花粉症対策(19)

花粉症の症状・花粉症対策(19)

花粉症は働き盛りの年代に多いと言われております。平成19年に東京都福祉保健局の調べで、年齢別の有病率の測定結果が出ております。対象地域は西多摩、北多摩、23区となっております。年代別の有病率の平均を見・・・
花粉症は誰にでも発症するアレルギーと言われております。今では、花粉症で悩んでいる方は、推定で2000万人もいると言われており、年々増加傾向とも言われております。国民の約6人に1人が花粉症の症状を持って・・・
花粉シーズンは、肌荒れ対策、頭皮対策も重要になってきます。花粉症シーズンでは、鼻、のど、目の辛い症状に気が入ってしまって、常に花粉にさらされている部分、顔、首、首元、頭皮まで意識が回りません。しかし、・・・
花粉症シーズンは風邪が流行するシーズンを重なる事から、花粉症を発症したにも関わらず、風邪を引いてしまったなど思う方も少なくありません。なぜならば、花粉症の初期症状は風邪の引き始めと似ているからです。例・・・
花粉の種類と花粉の飛散時期に触れていきたいと思います。 花粉症の一般的なピーク スギ花粉(2月〜4月)を過ぎても、まだ何か花粉症っぽい症状が続いている方は、下記の花粉の種類を見て頂きその時期にあてはま・・・
花粉の肌荒れ対策はされていますか?花粉の肌荒れは花粉症患者だけではありません。花粉シーズンは肌荒れになりやすい環境が4つございます。1、紫外線が強くなる時期2、黄砂3、乾燥4、花粉花粉シーズンである、・・・
日本人の約8割が悩まされている花粉症とは? 日本人がもっとも多い花粉症の種類はスギと言われております!なぜ日本人はスギ花粉患者多いのか?スギは戦後日本の経済成長を支えてきた木でもあります。戦後、農林水・・・
花粉症が原因で蓄膿の恐れもございます!花粉症の代表的な症状は、「鼻水」、「鼻づまり」、「くしゃみが止まらない」、「目が痒い」、「目やにが出る」などが挙げられますが、鼻水や鼻づまりが原因で、鼻の中が炎症・・・
花粉重症度チェック!花粉症の重症度は下記の表を参考に鼻水やくしゃみの回数の状態をチェックしてみましょう!自分の症状の度合いが分かります。 軽症 中等症 ・・・
日常の生活から花粉症対策を意識することで花粉症は緩和します。しかし、花粉症シーズンに入ってから花粉症対策を行うより、花粉症シーズンまえから花粉症対策をすることで花粉症シーズンは例年より楽に過ごせるので・・・
花粉症になりやすい体質と言えば、アレルギー体質、遺伝によるものなどもあげられますが、夏場の過ごし方にも影響がございます。 夏場はもちろん暑い事から、体を冷やしすぎてしまう事によって体調は崩すことはもち・・・
2012年の花粉飛散情報が先日、10月11日(火)のウェザーニュースによって発表がされました。来春のスギやヒノキの花粉飛散量は前年の5.6倍までなった今春に対して、全国的に平均でならしますと来春は33・・・
花粉症っていったい何なのか? 花粉症とは今は、日本人の約2割が発症していると言われております国民病でございます。 花粉症は約20年前ぐらいから、患者数が急増していると言われておりま・・・
漢方薬で花粉症対策をする方が増えている昨今、なぜ、漢方薬で花粉症対策をする方が増えている第一の要因は何か? 第一要因は薬による副作用がさまざまな所で障害があるからです。その障害とは、まず挙げられる事は・・・
漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)はご存知でしょうか? 漢方薬で花粉症改善を試みる方には、オススメな漢方薬です。 小青竜湯は、花粉シーズンや風邪が流行る寒い季節によく売れる漢方薬でもあり・・・
冷え性を改善する事によって、花粉症の症状が軽減されたなどの話をよく聞きます。 冷え性は体の免疫を低下するとともに、冷え性が原因でさまざまな病気を発症する恐れもあるのです。 今回は、体の冷えを当・・・
アロマで花粉症の不愉快な症状を少しでも緩和してみましょう!アロマで花粉症対策は花粉症の症状が軽い方には特にオススメです!なぜ、花粉症の軽度の方がオススメかと申しますと、花粉症になりたての頃は、誰でも最・・・
もう、2011年の花粉の飛散量は御確認していますでしょうか? 花粉対策は早いに越したことはありません。 2011年の全国花粉飛散状況は2010年に比べ最低2倍〜とのものすごい花粉飛散量にな・・・