花粉症対策は体質改善が先決ですよ!!のTOPに戻る

花粉症は働き盛りに多い!

花粉症は働き盛りの年代に多いと言われております。




平成19年に東京都福祉保健局の調べで、年齢別の有病率の測定結果が出ております。
対象地域は西多摩、北多摩、23区となっております。


年代別の有病率の平均を見てみますと・・・

0歳〜14歳 63.9%
15歳〜29歳 75.5%
30歳〜44歳 78.1%
45歳〜59歳 79.5%
60歳以上〜 45.8%

「平成19年東京都福祉保健局の平均値」
測定エリアは西多摩エリアは(あきる野市で実施)、北多摩区(調布市)、23区(大田区)で実施されました。



上記の測定結果をみてお分かりと思いますが、最も有病率が多い年代、第1位は45歳〜59歳、第2位が30歳〜44歳となっており、まさにこの世の中を支えてくれている働き盛りの年代の方々なのです。



花粉症は長年吸い続けることによってある日突然花粉症が発症します。
一度花粉症になってしまっては、アレルギーなので簡単には治りません。



現在は花粉症の特効薬もございません。
一度花粉症になってしまっては、毎年辛い花粉症と長年向き合って行かなくてはなりません。



そのようにならない為にも、一番重要とされているのが、免疫力を上げる!事が重要なのです。



花粉症になって薬に頼って一時的に体が楽になっても楽になった分、必ず副作用はございます。





働き盛りの方々の年代は、朝も早く、夜も遅く、非常に不規則な生活をしている年代とも言えるのです。
また、仕事でのストレスなど半端ではないかと思います。





そのような日々の蓄積から、体は段々と抵抗力が弱くなっていくのです。(免疫力の低下)
花粉症のみならず、風邪など引き起こしやすい体質にもなっているはずです。



時間が無い、日々忙しいのは分かりますが、30歳になってからは自分の体のケア(大事に)する意識を持っていかなくてはいけない時期なのです。



「30歳からは自分の体を大事にする!」



これしかありません!

私の仕事のOBや親を見ていますと、働き盛りの年代に自分の体にムチを打ってきていた年代でもありますので、結局その時のつけが回ってきていると言っていました。


現在は、糖尿病や何かしらの病気を引きずっているので、食事制限があったり、大好きなお酒も飲めなくなったりなど、さまざまな今までのつけが回っています。


本来であれば、もっとアクティブ的な暮らしが理想なのだが・・・


親やOBの共通して言っている事が

「もうちょっと若い時期から体を大事にしておけばよかった・・・」


そのようにならない為にも、今から体を大事にする意識を持っていきませんか?

働き盛りの方々に今自分が改善出来る事を実施してみて下さい。

例えば私の例ですが・・・


・毎晩の晩酌は控え、休みの日に飲む様に心がける。


・タバコを止める


・早い帰宅の際には、早く寝る


・ストレス発散のためにジョギングやウォーキングをする(私の場合は筋トレにはまっています)


・腹8分目を心がける


・サプリメントを飲む習慣を身につける



今、私が思い起こすだけでこのような事がすぐ浮かんできます。

私の場合は、仕事の帰宅途中に休みの過ごし方の計画を考えながら帰宅するのが唯一の楽しみでもあります。
是非、自分なりにまずは達成出来そうな事から、初めてみる事をおすすめ致します。

■ サプリメントアドバイザーがオススメする乳酸菌のサプリ





乳酸菌サプリメントは数多くある中で、何が?どれがいいのか?かなり迷ってしまいますよね!そこで、私、サプリメントアドバイザーの立場からこれは絶対にオススメの乳酸菌サプリメントがこちら!⇒乳酸菌革命です。

オススメする3つのポイント!

1、16種類の乳酸菌がしっかり入っている!

 01.ビフィドバクテリウム・ロンガム
  02.ビフィドバクテリウム・ビフィダム
  03.ビフィドバクテリウム・アドレッセンティス
  04.ラクトバチルス・アシドフィルス
  05.ラクトバチルス・ブレビス
  06.ラクトバチルス・ジェンセニー
  07.ラクトバチルス・バラカゼイ
  08.ラクトバチルス・ガッセリー
  09.ラクトバチルス・ブルガリクス


  10.ラクトバチルス・ヘルベティカス
※ホンマでっかで紹介された『ラクトバチルスヘルベティカス』。


  11.ラクトバチルス・ラクティス
  12.ラクトバチルス・カゼイ
  13.ラクトバチルス・ラムノーサス
  14.ラクトバチルス・デルブリッキ
  15.エンテロコッカス・フェシェーム
  16.ストレプトコッカス・サーモフィルス


乳酸菌サプリメントの中でも、このようにしっかり入っている商品は見かけません。コンビニなどで販売されている乳酸菌サプリメントは上記の成分のどれか一つもしくは二つ程度しか入っていないケースも珍しくありません。

2、免疫力アップ!
乳酸菌の本来の働きとしては、腸の働きを改善し、免疫機能向上が目的となります。乳酸菌革命の特徴は、6種類の乳酸菌と24種類の酵母菌の力で、お互いにエサとして増殖する事が特徴で、乳酸菌のパワーを最大限引き出します。

3、有胞子性乳酸菌
有胞子性乳酸菌の特徴はしっかり腸まで届きます。通常の乳酸菌サプリメントに関しては、8割以上もの乳酸菌が胃酸によって死滅すると言われています。乳酸菌革命はそのことも踏まえ、耐熱性、耐酸性に優れ、胃や十二指腸で死滅せず確実に腸まで届く事が特徴です。

さらに、気になる方は、乳酸菌革命の口コミもございますので、参考にされてみて下さい。

>>乳酸菌革命の口コミも参考になります。




関連コンテンツ

花粉症の自己症状チェック!

花粉症は誰にでも発症するアレルギーと言われております。今では、花粉症で悩んでいる方は、推定で2000万人もいると言われており、年々増加傾向とも言われております。国民の約6人に1人が花粉症の症状を持って・・・

花粉症シーズンは頭皮対策と肌荒れ対策も重要!

花粉シーズンは、肌荒れ対策、頭皮対策も重要になってきます。花粉症シーズンでは、鼻、のど、目の辛い症状に気が入ってしまって、常に花粉にさらされている部分、顔、首、首元、頭皮まで意識が回りません。しかし、・・・

風邪と花粉症の見分け方!

花粉症シーズンは風邪が流行するシーズンを重なる事から、花粉症を発症したにも関わらず、風邪を引いてしまったなど思う方も少なくありません。なぜならば、花粉症の初期症状は風邪の引き始めと似ているからです。例・・・

花粉の種類と花粉の飛散時期!

花粉の種類と花粉の飛散時期に触れていきたいと思います。 花粉症の一般的なピーク スギ花粉(2月〜4月)を過ぎても、まだ何か花粉症っぽい症状が続いている方は、下記の花粉の種類を見て頂きその時期にあてはま・・・

花粉肌荒れ対策はトライアルセットから試す!

花粉の肌荒れ対策はされていますか?花粉の肌荒れは花粉症患者だけではありません。花粉シーズンは肌荒れになりやすい環境が4つございます。1、紫外線が強くなる時期2、黄砂3、乾燥4、花粉花粉シーズンである、・・・

日本人の約8割が悩まされている花粉症とは?

日本人の約8割が悩まされている花粉症とは? 日本人がもっとも多い花粉症の種類はスギと言われております!なぜ日本人はスギ花粉患者多いのか?スギは戦後日本の経済成長を支えてきた木でもあります。戦後、農林水・・・

花粉症が原因で蓄膿の恐れも?

花粉症が原因で蓄膿の恐れもございます!花粉症の代表的な症状は、「鼻水」、「鼻づまり」、「くしゃみが止まらない」、「目が痒い」、「目やにが出る」などが挙げられますが、鼻水や鼻づまりが原因で、鼻の中が炎症・・・

花粉カレンダーと花粉症の症状チェック!

花粉重症度チェック!花粉症の重症度は下記の表を参考に鼻水やくしゃみの回数の状態をチェックしてみましょう!自分の症状の度合いが分かります。 軽症 中等症 ・・・

日常からできる花粉症対策!

日常の生活から花粉症対策を意識することで花粉症は緩和します。しかし、花粉症シーズンに入ってから花粉症対策を行うより、花粉症シーズンまえから花粉症対策をすることで花粉症シーズンは例年より楽に過ごせるので・・・

花粉症になりやすい体質は夏場の過ごし方に問題がある!

花粉症になりやすい体質と言えば、アレルギー体質、遺伝によるものなどもあげられますが、夏場の過ごし方にも影響がございます。 夏場はもちろん暑い事から、体を冷やしすぎてしまう事によって体調は崩すことはもち・・・

2012年の花粉飛散情報

2012年の花粉飛散情報が先日、10月11日(火)のウェザーニュースによって発表がされました。来春のスギやヒノキの花粉飛散量は前年の5.6倍までなった今春に対して、全国的に平均でならしますと来春は33・・・

花粉症って一体何なの?

花粉症っていったい何なのか? 花粉症とは今は、日本人の約2割が発症していると言われております国民病でございます。 花粉症は約20年前ぐらいから、患者数が急増していると言われておりま・・・

漢方薬で花粉症対策!漢方薬の正しい飲み方!

漢方薬で花粉症対策をする方が増えている昨今、なぜ、漢方薬で花粉症対策をする方が増えている第一の要因は何か? 第一要因は薬による副作用がさまざまな所で障害があるからです。その障害とは、まず挙げられる事は・・・

漢方薬小青竜湯とは?小青竜湯で花粉症改善!

漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)はご存知でしょうか? 漢方薬で花粉症改善を試みる方には、オススメな漢方薬です。 小青竜湯は、花粉シーズンや風邪が流行る寒い季節によく売れる漢方薬でもあり・・・

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の漢方薬で冷え性改善で花粉症予防!

冷え性を改善する事によって、花粉症の症状が軽減されたなどの話をよく聞きます。 冷え性は体の免疫を低下するとともに、冷え性が原因でさまざまな病気を発症する恐れもあるのです。 今回は、体の冷えを当・・・

アロマで花粉症ストレスを解消!

アロマで花粉症の不愉快な症状を少しでも緩和してみましょう!アロマで花粉症対策は花粉症の症状が軽い方には特にオススメです!なぜ、花粉症の軽度の方がオススメかと申しますと、花粉症になりたての頃は、誰でも最・・・

2011年の全国花粉飛散状況!

もう、2011年の花粉の飛散量は御確認していますでしょうか? 花粉対策は早いに越したことはありません。 2011年の全国花粉飛散状況は2010年に比べ最低2倍〜とのものすごい花粉飛散量にな・・・