花粉症対策は体質改善が先決ですよ!!のTOPに戻る

花粉症の自己症状チェック!

花粉症は誰にでも発症するアレルギーと言われております。
今では、花粉症で悩んでいる方は、推定で2000万人もいると言われており、年々増加傾向とも言われております。
国民の約6人に1人が花粉症の症状を持っていると言われております。


それだけ多くの方々が花粉症に悩まされている事は、花粉症はまさに国民病なのです。


そこで、まだ花粉症と思いたくない方、ひそかに心配している方は下記の花粉症の自己症状チェックで自分の現在の症状にあてはまっていないかご確認して頂き、少しでもあてはまってしまう場合は、花粉症の疑いがございます。



花粉症は一度なってしまったら、今のところ花粉症を完治する薬は残念な所ございません。
ただ、製薬会社さんなどでは、副作用が少なくてすむ花粉症に効果のある薬を日々研究中でもございます。


しかし、薬にだけ頼っていても体の芯からは元気よくなりません。
そのため、日々の体質改善、生活習慣の見直しが大変重要となっているのです。


花粉症の自己チェック!


□頭が重い  □頭痛  □目の痒み  □耳の痒み  □くしゃみ  □鼻水  □鼻づまり 


□耳のかゆみ □肌荒れ  □せき  □のどがカラカラになって乾いて痛い □のどのかゆみ 


□皮膚の炎症 □消化不良 □食欲不振  □だるい □熱っぽい □寒気がする □ぼーっとする


□イライラする □夜眠れない

上記の症状は風邪の時の症状と大変似ております。

ただ、風邪の場合は薬や睡眠といった対策をすれば、1日もしくは2日位で治ってしまいますが、この風邪のような症状が1週間以上も続いているならば、花粉症の疑いがございます。

また、同時に目の痒みや目やに等がございましたら、ほぼ花粉症で間違いないでしょう。


花粉時期に更に気を付けて頂きたい事がございます


鼻づまりが長引いてきますと、どうしても口で息をすることが習慣となってしまいます。
その為にも、外に出る際には、必ずマスクの着用が重要なのです。

マスクは鼻の中の保湿効果を高める役割もございますが、口から花粉が入ってくる事も防いでくれてるのです。


マスクをせず口で息をしていますと、口から花粉が入り込み、その口で吸った花粉が胃の中に入ってしまい、「食欲不振」、「消化不良」といった「胃腸症状」を発症するケースがございます。


胃腸が弱くなってしまうと、免疫機能が低下する事によって、さらに花粉症の症状を悪化させる原因や風邪を引き起こしやすい弱い抵抗力のない体質になってしまうのです。

花粉症状は腸の健康が先決!!

花粉症の発症は細胞にアレルギー物質ヒスタミンが溜まって溢れだす事で、アレルギーが発症しますが、発症する要因のもう一つは免疫力低下も上げられます。


花粉シーズンに入る前は年間通しても、一番寒い時期で体調を崩しやすい時期でもあり、寒い事でビタミンが消費、そして風邪を引きやすい体質になっている事で花粉症を発症しやすいです。

花粉症患者に共通して言える事は、腸内バランスが乱れている事。

辛い花粉症を緩和する為にも、薬の対策も良いですが、薬はあくまでも応急処置。薬の場合は辛い花粉症状を即効に緩和してくれ大変助かりますが、副作用もあり、且つ腸にも負担がかかります。


腸に負担がかかる事でさらに、腸内が乱れてしまい余計に薬に頼ってしまう悪循環に陥る可能性もございます。
まずは、薬を飲まれている方も、乳酸菌を摂取される習慣が大切です。

■ サプリメントアドバイザーがオススメする乳酸菌のサプリ





乳酸菌サプリメントは数多くある中で、何が?どれがいいのか?かなり迷ってしまいますよね!そこで、私、サプリメントアドバイザーの立場からこれは絶対にオススメの乳酸菌サプリメントがこちら!⇒乳酸菌革命です。

オススメする3つのポイント!

1、16種類の乳酸菌がしっかり入っている!

 01.ビフィドバクテリウム・ロンガム
  02.ビフィドバクテリウム・ビフィダム
  03.ビフィドバクテリウム・アドレッセンティス
  04.ラクトバチルス・アシドフィルス
  05.ラクトバチルス・ブレビス
  06.ラクトバチルス・ジェンセニー
  07.ラクトバチルス・バラカゼイ
  08.ラクトバチルス・ガッセリー
  09.ラクトバチルス・ブルガリクス


  10.ラクトバチルス・ヘルベティカス
※ホンマでっかで紹介された『ラクトバチルスヘルベティカス』。


  11.ラクトバチルス・ラクティス
  12.ラクトバチルス・カゼイ
  13.ラクトバチルス・ラムノーサス
  14.ラクトバチルス・デルブリッキ
  15.エンテロコッカス・フェシェーム
  16.ストレプトコッカス・サーモフィルス


乳酸菌サプリメントの中でも、このようにしっかり入っている商品は見かけません。コンビニなどで販売されている乳酸菌サプリメントは上記の成分のどれか一つもしくは二つ程度しか入っていないケースも珍しくありません。

2、免疫力アップ!
乳酸菌の本来の働きとしては、腸の働きを改善し、免疫機能向上が目的となります。乳酸菌革命の特徴は、6種類の乳酸菌と24種類の酵母菌の力で、お互いにエサとして増殖する事が特徴で、乳酸菌のパワーを最大限引き出します。

3、有胞子性乳酸菌
有胞子性乳酸菌の特徴はしっかり腸まで届きます。通常の乳酸菌サプリメントに関しては、8割以上もの乳酸菌が胃酸によって死滅すると言われています。乳酸菌革命はそのことも踏まえ、耐熱性、耐酸性に優れ、胃や十二指腸で死滅せず確実に腸まで届く事が特徴です。

さらに、気になる方は、乳酸菌革命の口コミもございますので、参考にされてみて下さい。

>>乳酸菌革命の口コミも参考になります。




関連コンテンツ

花粉症は働き盛りに多い!

花粉症は働き盛りの年代に多いと言われております。平成19年に東京都福祉保健局の調べで、年齢別の有病率の測定結果が出ております。対象地域は西多摩、北多摩、23区となっております。年代別の有病率の平均を見・・・

花粉症シーズンは頭皮対策と肌荒れ対策も重要!

花粉シーズンは、肌荒れ対策、頭皮対策も重要になってきます。花粉症シーズンでは、鼻、のど、目の辛い症状に気が入ってしまって、常に花粉にさらされている部分、顔、首、首元、頭皮まで意識が回りません。しかし、・・・

風邪と花粉症の見分け方!

花粉症シーズンは風邪が流行するシーズンを重なる事から、花粉症を発症したにも関わらず、風邪を引いてしまったなど思う方も少なくありません。なぜならば、花粉症の初期症状は風邪の引き始めと似ているからです。例・・・

花粉の種類と花粉の飛散時期!

花粉の種類と花粉の飛散時期に触れていきたいと思います。 花粉症の一般的なピーク スギ花粉(2月〜4月)を過ぎても、まだ何か花粉症っぽい症状が続いている方は、下記の花粉の種類を見て頂きその時期にあてはま・・・

花粉肌荒れ対策はトライアルセットから試す!

花粉の肌荒れ対策はされていますか?花粉の肌荒れは花粉症患者だけではありません。花粉シーズンは肌荒れになりやすい環境が4つございます。1、紫外線が強くなる時期2、黄砂3、乾燥4、花粉花粉シーズンである、・・・

日本人の約8割が悩まされている花粉症とは?

日本人の約8割が悩まされている花粉症とは? 日本人がもっとも多い花粉症の種類はスギと言われております!なぜ日本人はスギ花粉患者多いのか?スギは戦後日本の経済成長を支えてきた木でもあります。戦後、農林水・・・

花粉症が原因で蓄膿の恐れも?

花粉症が原因で蓄膿の恐れもございます!花粉症の代表的な症状は、「鼻水」、「鼻づまり」、「くしゃみが止まらない」、「目が痒い」、「目やにが出る」などが挙げられますが、鼻水や鼻づまりが原因で、鼻の中が炎症・・・

花粉カレンダーと花粉症の症状チェック!

花粉重症度チェック!花粉症の重症度は下記の表を参考に鼻水やくしゃみの回数の状態をチェックしてみましょう!自分の症状の度合いが分かります。 軽症 中等症 ・・・

日常からできる花粉症対策!

日常の生活から花粉症対策を意識することで花粉症は緩和します。しかし、花粉症シーズンに入ってから花粉症対策を行うより、花粉症シーズンまえから花粉症対策をすることで花粉症シーズンは例年より楽に過ごせるので・・・

花粉症になりやすい体質は夏場の過ごし方に問題がある!

花粉症になりやすい体質と言えば、アレルギー体質、遺伝によるものなどもあげられますが、夏場の過ごし方にも影響がございます。 夏場はもちろん暑い事から、体を冷やしすぎてしまう事によって体調は崩すことはもち・・・

2012年の花粉飛散情報

2012年の花粉飛散情報が先日、10月11日(火)のウェザーニュースによって発表がされました。来春のスギやヒノキの花粉飛散量は前年の5.6倍までなった今春に対して、全国的に平均でならしますと来春は33・・・

花粉症って一体何なの?

花粉症っていったい何なのか? 花粉症とは今は、日本人の約2割が発症していると言われております国民病でございます。 花粉症は約20年前ぐらいから、患者数が急増していると言われておりま・・・

漢方薬で花粉症対策!漢方薬の正しい飲み方!

漢方薬で花粉症対策をする方が増えている昨今、なぜ、漢方薬で花粉症対策をする方が増えている第一の要因は何か? 第一要因は薬による副作用がさまざまな所で障害があるからです。その障害とは、まず挙げられる事は・・・

漢方薬小青竜湯とは?小青竜湯で花粉症改善!

漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)はご存知でしょうか? 漢方薬で花粉症改善を試みる方には、オススメな漢方薬です。 小青竜湯は、花粉シーズンや風邪が流行る寒い季節によく売れる漢方薬でもあり・・・

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の漢方薬で冷え性改善で花粉症予防!

冷え性を改善する事によって、花粉症の症状が軽減されたなどの話をよく聞きます。 冷え性は体の免疫を低下するとともに、冷え性が原因でさまざまな病気を発症する恐れもあるのです。 今回は、体の冷えを当・・・

アロマで花粉症ストレスを解消!

アロマで花粉症の不愉快な症状を少しでも緩和してみましょう!アロマで花粉症対策は花粉症の症状が軽い方には特にオススメです!なぜ、花粉症の軽度の方がオススメかと申しますと、花粉症になりたての頃は、誰でも最・・・

2011年の全国花粉飛散状況!

もう、2011年の花粉の飛散量は御確認していますでしょうか? 花粉対策は早いに越したことはありません。 2011年の全国花粉飛散状況は2010年に比べ最低2倍〜とのものすごい花粉飛散量にな・・・